春日井市高蔵寺の体育クラブ「らいふ」
  1. トップページ
  2. あそび力を伸ばそう
あそび力を伸ばそう
「親子でもぜひどうぞ」
2019.01.22
当教室には年齢制限がありません。団体レッスンは年長さんからとさせていただいておりますが、個人レッスンは0歳でも100歳でも、ご希望であれば年齢に合ったレッスンをさせていただきます。これが「集団レッスン」とは違う「個人レッスン」を行っている教室の強みだと思いますので、上手にご利用いただければと思います。

実際、当教室には様々な「目標」をもってお越しいただいている方がいらっしゃいます。年少さんからお越しいただいていて、とにかく体を動かす楽しさを教えて欲しいとおっしゃっている方。30代や40代の方で運動不足を解消したい、または体幹トレーニングをきちんと受けて老後に備えたいという方。私はそういったそれぞれのご希望に応えられるよう、先を見据えてプログラムを組ませていただいております。

また、最近こんなご利用方法をされている方がちらほらいらっしゃいます。「息子(娘)と一緒に同じレッスンを受けたいのですが」…と。もちろんOKですし、とても素晴らしいことだと思います。というのも、私は口だけで指示して自分が動かない指導者にはなりたくないので、いつも子どもたちと一緒に全力で体を動かしているのですが、それは同じ目線に立たなければ気づけないことがたくさんあることを知っているからです。見た目では簡単そうでも、実際に行ってみることで「あ、こんなに怖いんだ」「思った以上に疲れるな」などと気づくことができます。そこに気づくことができたら、とても大切なことを適切に行うことができるようになります。そう…「言葉掛け」です。

大人や先生としての権力や圧でやらせることは簡単ですが、それでは子どもたちが主体的にやりだすようになるのは難しいです。自分から「やりたい」「やれるようになりたい」…そう思って行動する時のパワーが子どもの成長には欠かせません。それを引き出すための適切な寄り添った「言葉掛け」をしていただくために、ぜひ一度一緒にレッスンを受けてみてください。大人の方もお子様と同様に初回はお試しで無料ですので、お気軽にお申し付けいただければと思います。案外難しくて大変なことを子どもたちはやっていますよ。

ちなみに、今までに受けていただいた大人の方ですが…みなさん、最初から最後まで1時間フルで出来た方はいらっしゃいませんので、ある程度覚悟してお越しください。(笑)
「日常を変える」
2019.01.21
私の目標は「らいふが必要なくなること」です。これは以前から書かせていただいていますし、ブレずに立ち上げから目指している目標です。では、「らいふが必要なくなる」とはどういうことか…具体的に書かせていただきます。

まず第一に、らいふが子どもたちに対してどのような指導を行っているかをご理解いただく必要がございます。それは…「あそべる子を育てる」です。らいふは「自分自身を高めるあそびを展開できる子」を育てる手助けをさせていただく指導を行っております。当然、特定の技能習得の必要不可欠となる筋力や感覚は習得指導させていただきますが、私が本来行いたいレッスンはそれではないのです。というのも…それははっきり言ってらいふ以外の体操教室でも教わることができるからです。

私がらいふを立ち上げてわざわざ伝えたかったこと…それは「意識改革」です。当教室のホームページを細かくご覧いただいている方でしたら「もう読んだよ」という方も多いかと思いますが、当教室は「あそび力」を鍛える教室です。私から「あそんでいいよ」と言われ、スッと自分であそびを考えて展開することができるか、または周りの子を統率してルールを取り決めて行うことができるか、これらが私の思う「あそび力」です。

はっきり言って今の世の中は便利になり、あそびのルールを指定しているものばかりです。さらに言うと「あれはダメ、これもダメ」と制限だらけの環境下にあるといえます。これでは子どもたちはのびのびと主体的に行う行動…つまり「あそび」をなかなか展開できませんよね。私が指導を通して子どもたちに伝えたい意識改革はここです。「自分であそぼう」です。

当教室にお越しいただいている会員様の一部の方から、最近こんな嬉しいお言葉をいただくようになりました。「休日ダラダラしていた我が子が、公園に行きたがったり家の中でらいふでの動きをするようになりました」「らいふに通いだしてから、自分の限界を勝手に判断せずに、色々なことに挑戦できるようになりました」「なんだか明るくなりました」などなど…。

私は子どもたちに「動くことの楽しさ」や「あそぶことの本質」を伝えています。それはやらされて気づくことではなく、達成感でもなく、まず第一歩の「あそぶ(主体的に動く)=楽しい」です。しかし、この第一歩を踏み間違えてしまっている子が多くいます。らいふではこの一歩を改めてしっかり伝えつつ、これからも「あそぶことのできる子」を育てて参りたいと思っています。

あそびをいっぱい知っているガキ大将のいる公園…復活させるべく今日も私は頑張ります!!
「魔法の言葉掛け」
2019.01.18
当教室には発達障害の疑いのある子、または診断を受けた子もたくさんお越しいただいています。私は以前の職場で本当にたくさんの経験を積ませていただきました。幼稚園教諭や保育士の資格を取得する際にも発達障害に関しては勉強しておりますし、当然この道に進むということで独学でもかなり勉強し、知識も「自信をもってご提供できる療育を行える」までには蓄えました。

「なんか保険をかけた言い方だな…」と不安になってしまいますよね…しかし、そんな言い方をしているのはもちろん理由があります。この分野は本当に終わりないものでして、勉強すればするほど別の観点が見つかったり、別の可能性が生まれたりするわけです。つまり、世の中も私もまだまだ勉強中だということです。それでも、当然これまでの経験から「このアプローチは多くの子に有効だ」というものも見つけています。私はそんな貴重な自分の経験と、広い視野で常に学んでいる知識を駆使して療育を行っております。

そんな私が行っている療育は特別変わったものではありません。むしろ、とても王道をやらせていただいています。療育に関して少し調べたり触れたりしたことのある方なら、「ABA」もしくは「応用行動分析学」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。そう、アメリカの心理学者のスキナーさんが創始された学問体系です。どんなものか簡単に言いますと、「人の行動の原因を内部(心)ではなく、人を取り巻く環境に求める考え方」です。

私は資格取得の際に心理学も学び、「とても面白い分野だ!」とのめり込み、結果このスキナーさんの考え方について興味を抱き、掘り下げて勉強させていただきました。そして、このABAを取り入れた療法は自閉症などの発達障害のお子様にとても有効なアプローチ法だということも知り、今日まで自分なりの考えで進化させながら行って参りました。それが今の私の「言葉掛け」に最も力を入れた指導法というわけです。

言葉掛けは本当に重要です。同じことをやってもらいたいと思っていても、言い方が違うだけで「やらされている」と思うか「自主的に取り組める」かに別れてしまうからです。当然、後者の方が子どもは伸びます。言わなくても勝手にやってくれるからです。そう捉えてもらうためにはどのような言葉掛けをしたらいいのか…それを今日は書かせていただきます。あまりダラダラ書いていたらとんでもない長さになりますし、大事なポイントが薄れてしまいますので箇条書きで書かせていただきます。可能であればご自宅でも以下を大切に心がけて言葉掛けを行ってください。

  • 周りと比べず、その子のためのスモールステップ(小さな次の目標)を作ってあげて、それが出来たら「やったね!できたね!」ときちんと認めて褒める。(目を見て、側で寄り添って言ってあげましょう。スマホを見ながらは絶対NG!)
  • 親のエゴを押し付けてやらせるのではなく、「ちょっとやってみようよ!」という感じに、気持ちを乗せて子どもの「やってみよう」を根気よく引き出す。
  • 新しいことに挑戦したがらない、もしくは不安を感じている子には、無理やり「やりなさい!」と言うのではなく、まずきちんと不安を聞いて寄り添ってから、気分が戻ってきたところで「ちょっとだけ一緒にやってみる?」とたずねる。
  • 結果新しいことに挑戦できなかったり失敗したとしても、それを追求するのではなく、できたところまでをきちんと褒める。(「ここまでできたね!」と、必ず成功体験で終えましょう。)
  • 「きっとうちの子にこれはできない」と心の中で思ったり、「うちの子は全然ダメで」など子どもの前で謙遜でも口にしない。(感じとったり耳に入れば言葉掛けと一緒です。子どもは親が自分の可能性を信じていない時、必ずどこかで感じ取っています。そして謙遜は時として「呪詛(じゅそ)植え」として心に残り、大人になっても影響してしまいます。)
とりあえず基本中の基本…で、このような感じですね。私のレッスンを見たことのある方なら「あぁ、確かにやってるわ」とご理解いただけたのではないでしょうか。第三者に言われると素直に言うことを聞く子は多いですが、それは「やらされている」だけかもしれません。それも大切ではありますが、当教室は本人のやる気を引き出すレッスンをこれからも行って参ります。ぜひ皆様も参考にしていただいて、ご家庭で実践してみてください。自分に定着するまでもかなり大変ですが、子どもの意識や行動はガラッと変わりますよ。

※ 土日をはさむため次回の日記更新は21日(月)となりますが、19日(土)も元気に営業しております!ぜひご利用ください。
「26日は団体レッスンのみ行います」
2019.01.17
最近、有難いことに土曜日のご予約が埋まるようになって参りました。お越しいただいている皆様、誠にありがとうございます!しかし「土曜日しか子どもを送れない」という方も多く、特に団体レッスンへお越しいただいている方はなかなかご予約が取れずにお困りかと思われます。

さらに今月は26日(土)にイベントを行うため通常レッスンは無しとさせていただいておりましたので、現時点で2月2日(土)まで土曜日の団体枠は埋まってしまっている状況です。いくらチケットの使用期限がないとは言え、これではさすがに間が空きすぎてしまいますので、イベント日ではありますが緊急で1月26日(土)17:00〜18:00の団体枠を開放することにいたしました。

1点お気をつけいただきたいのは「団体レッスンのみ開放」という点です。26日(土)はイベント日ですので、個人レッスンは変わりなくお休みとさせていただきます。お間違えのないようにお願いいたします。ご予約方法はいつも通りメールかお電話、LINEのいずれかでご連絡ください。定員も変わりなく3家族様までとさせていただきます。抽選なども行いませんので、ご連絡の先着順とさせていただきます。どうぞご了承ください。

団体レッスンで基礎能力をアップさせ、たまに個人レッスンでご予約いただき技術習得を一気にされる方がいらっしゃいます。私の最もオススメするらいふのご利用方法です。もちろん個人レッスンはそれだけのお値段がしますのでなかなか難しいかと思いますが、技術習得に関しては団体レッスン3回分以上の価値(内容)があることもお約束いたします。お友達を誘ってのお得な「フリーレンタルコース」のご利用もございますので、「土曜日しか来られない…」という方はそちらもご検討いただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!
「スキースクールの模様」
2019.01.16
スキースクール当教室のホームページを細かくチェックされている方はすでにお気づきのことでしょう。去年の年末、12月28日〜30日の2泊3日で行った「第2回 Skip&らいふ合同スキースクール」の様子FolksWorks様に昨日更新していただきました。

ご参加いただいた皆様は特にしっかりとご確認いただいて、掲載をやめて欲しい画像がないかだけチェックをお願いいたします。可能な限り迅速に対応させていただきますので、ご遠慮なくお申し付けください。

さて、今回のスキースクールはらいふから5名もご参加いただきました。親御さんがいない初めてのお泊りだった子、スキーやスノーボードが初めてだった子、なんと開催期間中に誕生日を迎えた子…みんな色々なことを乗り越えてきてくれました。大切なお子様をお預けいただき誠にありがとうございました!

すでに「今年もスキースクール行くからね!」「また○○ちゃんと同じ部屋にしてね!」「今シーズン中にもう一回行く予定です!」など、嬉しいお言葉をたくさんいただいております。嬉しい限りです!みんな技術習得はもちろん、親元を離れての集団生活を通して、出発前より一回り大きくなったように感じました。そんな成長も感じていただけると嬉しいです。

実は「今回、本当は行かせたかったんです…」というお声をたくさんいただいております。年末ということでなかなか調整が難しかった方、年齢的にまだ難しいかなとご判断された方…様々いらっしゃいました。しかし、ご安心ください。また何事もなければ今年の年末にも「第3回 Skip&らいふ合同スキースクール」を企画する予定ですので、そちらでまたご検討いただければなと思います。

このスキップさんとの合同イベントは定番化するつもりです。開催日も大体同じくらいで組む予定ですので、ご参加希望の方はそのあたりを調整しておいていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!
「プロ意識から学ぶ」
2019.01.15
みなさん、この三連休はどのように過ごされましたか?「風邪をひいてしまって寝て過ごした」「菌をもらうのを防ぐために人ごみを避けて過ごした」という方もいらっしゃったのではないでしょうか?最近「風邪をひいてしまったので申し訳ありませんが明日のレッスンはお休みします…」というご連絡をたくさんいただきます。そのような時はどうかお気になさらず、ゆっくりと休ませてあげてください。インフルエンザもまだまだ油断できませんので、引き続き気をつけてお過ごしくださいね。

さて、私は日曜と月曜がレッスンお休みで、久しぶりに家族全員の予定が空いていて体調もばっちりだったので、急遽弾丸で千葉県まで車で行ってきました。千葉と言えば…そう、東京ディズニーランドですね。我が家は嫁さんと息子がディズニー大好きなので、行き先が決まった瞬間2人とも目をキラキラと輝かせて喜んでいました。(笑)

私が人ごみを嫌うので、今まで行き先をディズニーランドとあまり提案していなかったようです。悪いことをしました。(苦笑) 人ごみはやはり苦手ですが、それでもこのディズニーランドは嫌いではありません。むしろ学びの場としてワクワクしながら楽しんでいます。

ディズニーランドディズニーランド私がディズニーランドからいつも何を学んでいるのかと言いますと、「あそび心」と「プロ意識」を学んでいます。ディズニーランドは子どもたちを楽しませるだけでなく、性別や年齢問わず、老若男女を惹き付ける「あそび心」がございます。

「可愛らしいキャラクターがいる遊園地」だけでは、正直あそこまで人気は続かないと思います。入場料だってなかなかします。それでも「また行きたい!」と思わせる季節のイベントだったり、隠れミッキーのようなちょっとしたあそびだったり、常にお客様のニーズを考えた企画が所狭しと盛り込まれています。

1つ1つのアトラクションの内容はもちろんのこと、待っていただいている間も飽きずにいられるように配慮したり、キャストの案内や対応も心から感動させられます。ショーやパレードのクオリティも高く、あれだけの人数のキャストやパフォーマーの意識を統一するなんて本当にすごいですよね。
ディズニーランド ディズニーランド ディズニーランド ディズニーランド
以前にお越しいただいている一人の会員様に「ディズニーやUSJ行くより、らいふが楽しい!」と嬉しすぎるお言葉をいただいたことがありますが、行くたびに私は「まだまだだな…」と反省させられます。良いところは取り入れて、これからもプロ意識を忘れず、らいふでしか体験できない楽しさや喜びをご提供できるよう精進して参ります!
「お願いいたします」
2019.01.11
お年玉は実力で掴み取ろう!お年玉は実力で掴み取ろう!」ということで企画させていただいております1月イベントですが、26日(土)も27日(日)もどちらもまだまだ空きがございます。

「課題がちょっと難し過ぎるよ先生!」というお声をたくさんいただいておりますが、ぜひ皆様に全力であそんでいただきたいので難易度を変える予定はございません。(笑) 子どもたちが普段一生懸命できない新しいことに向き合って挑戦しているので、大人の方もその「挑戦する姿勢」をお子様に見せていただく場として活用していただけると嬉しいなと思っております。

…ということで、自信があるないに関わらず、お時間の空いている方はぜひご参加くださいね!ちなみに挑戦していただいた皆様には、達成できなくても参加賞としてガチャコインを人数分プレゼントさせていただきますよ。できなくたって得るものはありますし恥ずかしいことじゃありませんから、皆様のご連絡を心よりお待ちしております!

プラマークさて、このイベントとは一切関係ないのですが、もう一つらいふにお越しいただいている皆様へお知らせがございます。

こちらを覚えていらっしゃるでしょうか?

モザイクアートそう…去年の一部期間、モザイクアートを作るためのプラマークを皆様に集めてきていただくようお願いしていたのですが、先日その仕上がり具合をスポーツファクトリースキップさんの事務所に伺った際に見せていただいたところ、このようになっていました。

中村公園駅の赤い大きな鳥居はほぼ完成していますね!ここまでご協力いただいた皆様のおかげです。誠にありがとうございます!ただ…ご覧いただいている通り、まだ完成はしていません。緑と青のプラマークが少ないそうで苦戦されているようです。

そこでまた「緑と青のプラマーク」を中心に、ご協力をお願いしたいと思います。緑はお茶などのペットボトルのラベルに、青はアクエリアスなどのスポーツドリンクのペットボトルラベルに付いていることが多いです。完成したあかつきにはまたこちらでお披露目する予定ですので、どうかよろしくお願いいたします!

明日からは土曜と日曜と祝日ですので「あそび力を伸ばそう!」は15日(火)まで更新いたしませんが、明日12日(土)は変わらず元気に営業しております。空いていれば当日予約(電話)も可能ですので、どうぞお気軽にお申し付けください。よろしくお願いいたします!
「宝は永遠に」
2019.01.10
お手伝いみなさんは昨年末、ご自宅やお仕事場の大掃除をされましたか?我が家は昨年からこの通り素晴らしい戦力が加わったため、ばっちり終えることができました。まぁこの戦力は「散らかし名人」でもあるんですけどね。(笑)

もちろん、らいふの教室もばっちり隅々までお掃除いたしました。壊れかけのものを直したり、必要か不必要か断捨離したりしました。おかげで子どもたちの動き回れるスペースがほんの少し広くなり、機能性も安全性も増しましたよ。

特に気を遣ったのは断捨離と配置でした。子どもたちが言われる前に片付けや準備のお手伝いをしてくれるようになったのに、その配置を大きく変えるのはあまり得策とは言えません。そして何より、療育を行う者として環境をガラッと変えることはしたくありませんでした。しかし、いらないものを捨てて広くスペースを確保することも大切です。その矛盾する2つの課題をクリアすることが本当に大変でした。

ただ…新年から一度でもお越しいただいている方は、皆様感じていただけたのではないかと思います。「あまり変わらないけどちょっとすっきりしたかな」と。実はそれを目指していたのです。「いらないものや壊れたものをきちんと捨ててスペースを新たに確保するが、環境としてあまり変化をさせない」…これをモットーに行いました。

実際、可燃ごみの袋4つ分、資源ゴミ1つ分、不燃ごみ2つ分があの教室内から消えております。いかがですか?それを聞くと「頑張ったんだな」と思いませんか?(笑) まだお越しいただいていない方は、私としては褒め言葉となる「かわり映えのしない2019年らいふ教室」を楽しみにお越しくださいね。

大掃除あ、ちなみに私の机周りはこのようにすっきりしました。ドッチビーやボールが入らないようにベニヤ板を立て、壁に飾ってあったみんなの作品は片付けさせていただきました。

もちろん捨てていませんよ?みんなからいただいた作品やお手紙はどれも私の「宝物」です。ですから、家で大事に保管するように持ち帰りました。(※ 自分の絵や作品を持ち帰りたい子は先生に言ってください。次回までに家から持ってきます。)

絵や作品絵や作品では今までの他の子の作品はもう見られないのかと言いますと、ご安心ください。ちゃんと見ることはできますよ。

このように写真におさめて、保護者様席にホルダーに入れていつでも見られるように置いております!
「個性を出して」
2019.01.09
渋滞しているネタの中から、今日は「年賀状について」を書かせていただきます。今週と来週の日記は2018年と2019年を行ったり来たりしてしまいますが、お許しください。(苦笑)

さて、当教室からの年賀状は無事お手元に届きましたか?2018年中に無料体験レッスンを受けていただき、さらにもう一度レッスンにお越しいただいた方にはお送りしたはずですが、もし「届いてないですぞ」という方がいらっしゃいましたら必ずご連絡ください。

私のアンポンチンな送り忘れというミスか、以前にあった行方不明事件となってしまっている場合がございます。私は送ったはずなのに会員様のお手元に届いておらず、さらに戻ってきてすらいないという謎の行方不明事件…もう起きてほしくはありませんが、私はそんな「いやいや、そんなこと何度も起きないでしょ」なんてことを容易く起こす名人ですので、無きにしも非ず…なのです。

なぜそんなにしつこく届いているか確認しているのかと言いますと、今年の年賀状には素敵な特典が付いているからです。もちろんお年玉年賀状の番号のやつじゃありませんよ。それも皆様に当たったら嬉しいですが、らいふから届いた年賀状は条件を満たせばもれなく必ず特典がもらえる年賀状だからです。

その特典は…ガチャコインです!「なんだ、じゃあいいや」と流してしまいそうになったそこのお父さんお母さん!お子さんに怒られても知りませんよ。(笑) 周りの子が条件を満たしてガチャガチャを回している中、自分は回せないなんて辛すぎますからね。どうかご連絡を忘れないようにお願いいたします。

あ、大事な「条件」を書き忘れていましたね。年賀状を無事受け取った子たちは書いてあるのでもう確認済みだと思いますが、念のためここでも書かせていただきます。今年の年賀状はある一人の会員様の提案から「色塗りあそび」のできる年賀状にしたので、コインを獲得する条件は「らいふからの年賀状に色を塗って持ってくること」です。

今年はイノシシ年ですので、私がらいふイノシシをデザインさせていただきました。ペイントの曲線と円だけで描かせていただきました。中々上手でしょ?(笑) そのらいふイノシシや周りに色を塗って持ってきて欲しいのです。持ってきてもらってどうするのかといいますと、みんなの「個性」を見せていただき、私が勉強させていただくのです。

色塗りに正解なんてありません。しかし、大人になるにつれて大半の人が「写実的こそ正解」と思えるようになってしまい、個性は顔をかくしてしまいます。そこでこのような仕事をしている私は特に、常にそんな「あそび心」を磨かねばならないのです。サボればあっという間に錆びて頭カチコチ人間になってしまいますからね。子どもたちの心を知るためには、自分自身も子どもの心を持ち続けなければならないのです。

それからもう一つ、今回の年賀状にはねらいがあります。習い事からの年賀状とかって、サラッと流しがちじゃありませんか?親戚やお友達からのものは画像などもあってじっくり見ますが、「あ、らいふからも来てるわ。スッ…(机の上へ)」みたいにサラッと流してしまう方が多いと思います。

しかし、今年も私は全員の顔を思い浮かべながら、2018年の指導書とにらめっこしながら、心を込めて一言コメントをそれぞれに書かせていただきました。はい、読んでいただきたいのです。(笑) 色塗りをすると、嫌でも「なんか先生が手書きで字めっちゃ書いてるな」と目に入ります。なんて書いてあるのか気になったらもう私のねらいはばっちり達成なのです。

ちなみにこちらが一昨日や昨日、レッスンの際に子どもたちがもってきてくれた年賀状です。
会員様からの年賀状 会員様からの年賀状 会員様からの年賀状
子どもたちの絵や色塗りって個性豊かでワクワクさせられますよね。この色塗り期限は「イノシシ年の間」です。(笑) ゆっくりじっくり約1年かけて塗ってきていただいても構いません!皆様の大作を楽しみにしています!!
「大渋滞しております」
2019.01.08
昨日より2019年の通常レッスンは開始しておりますが、この「あそび力を伸ばそう!」も本日より土日祝を除いて昨年通り毎日更新して参ります!ためになる話だったり、本当にどうでもいい内容だったりと更新内容は相変わらず一貫性のないものになるかと思いますが、「私という人間を知っていただく」ツールとして活用して参りますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

さてタイトルについてですが…一体何のことかと言いますと、この「あそび力を伸ばそう!」のネタが大渋滞しているということです。クリスマスあたりから年末最後のスキースクールイベントについてや年末年始のお知らせについて書いていたため、クリスマスネタが未だに書けていません。(苦笑) 2018年のことだからもういいか…と言いたいところですが、そうもいかないのです。なぜなら私だけではなく、らいふに通ってくれている子どもたちも関わっているネタだからです。…ということで、本日のネタは「2018年のクリスマスについて」です。(笑) どうかお許しください!

窓子どもたちが関わったクリスマスネタというと、「もう見たよ!」という子も数人いらっしゃるでしょう。そうです!以前に私が「サンタさん作ってきてくれたらクリスマスにらいふの窓に飾るよ〜」とこの日記で言っていたのを覚えていますか?それで作ってきてくれた子がいたのです!(※ 写真が暗くてごめんなさい…。)

おヒゲは綿をじょうずに整えて貼ってあり、その下には可愛らしい口が描かれています。とっても素敵に作ってきてくれました。ちなみに赤いプレゼントを入れられる靴下も、別の子が以前に作ってきてくれたものです。みんな本当にありがとうね!

しかし、2018年のらいふの通常レッスンは12月27日までだったので、実際に飾られたのは3日だけ…。いやいや、こんなに一生懸命に作ってきてくれたものはきちんとみんなにお知らせして、しっかり見てもらわなきゃいかんですよね!そこで「迎春」したはずですが、この窓面は今月いっぱいは飾らせていただきます。少し季節感がズレてしまいますが、こんな事情があってのことなのでご理解いただけると嬉しいです。「あわてんぼうのサンタクロース」ならぬ「なかなか帰らぬサンタクロース」…ぜひお子様と一緒に見に来てくださいね!

さぁ、これでクリスマスネタはあと1つです。「え?まだあるの?!」ですよね。(笑) ただこれは急いでアップしなくてもいいのでまた後日です。現在渋滞中の日記ネタを簡単に書かせていただきますね。「スキースクールについて」「大掃除について」「元旦について」「年賀状について」「クリスマスネタPart2」「モザイクアートについて」「七草粥について」…完全に来週までまたぎますね。これでも「冬至のゆず湯について」や「克己先生の健康元旦トレーニング」は泣く泣くカットしたのです。(笑) また優先順位を考えて、なるべくお蔵入りとならないように更新して参ります!どうぞお楽しみに!!
「明けましておめでとうございます」
2019.01.01
明けましておめでとうございます!保護者の皆様は年末年始ゆっくりと静養されましたか?子どもたちは寒さに負けず、お正月あそびを存分に行えましたか?特にコマ回しは上達しましたか?またお越しいただいた際にお話を色々と聞かせていただけることを楽しみにしております。

あそびの学舎らいふは、お陰様で間もなくプレオープンからまるっと一年を迎えられそうです。ギリギリのレッスン料の設定で昨年はとてつもない不安を抱えておりましたが、皆様の多大なるご協力のおかげで、こうして2019年を笑顔で迎えることができました。深く感謝申し上げます。そんな皆様のお気持ちに応えられるように、引き続き2019年もお越しいただく皆様のためとなるレッスンを全力で行って参りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

当教室は1月7日(月)より通常レッスンを再開いたします。すでに年始のご予約をしてくださっている皆様、ありがとうございます。そして年賀状をお送りいただいた保護者様方、一生懸命に書いてくれた子どもたち、誠にありがとうございました!!一枚一枚、大切に拝見させていただきました。2019年もブレることなく、進化しながら勇往邁進して駆け抜けて参りたいと思っております。猪年なだけに猪突猛進とならぬように…おっとまだまだ冷え込みますね。私の寒い初ギャグのせいでしょうか?(笑)

相変わらずこんな感じで体操を通して楽しく指導して参りますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。お子様の「できた!」を一緒に見守っていきましょう!